お酒を買ったとたんにドクターストップ!?何らかの事情が生じてお酒を飲めなくなったり、人から良いお酒をもらったけど実は飲めなかったり…。

そんなお酒を飲めないからと捨ててしまうのはもったいないですね。いらないお酒は飲みたい人にあげて飲んでもらう、または

誰かに買取してもらうのが理想

です。

そこで今回は、知る人ぞ知るお酒の買取についてまとめていきます。

不要なお酒は買取してもらえる!

ここ数年、不要なお酒を売ってしまいたいという人が増えていて、それに応えるように

お酒を買い取る業者が増加

しています。

飲まない不要なお酒は業者に買い取ってもらうことをおすすめします。

気になるお酒の買取対象とは

どんなお酒が買取の対象となっているのでしょうか?気になる買取対象のポイントをチェックしてみましょう。

開封していても買い取ってくれる?

開封していても買取OKとしてくれる業者はたくさんあります。しかし相場より大幅な減額は否めないでしょう。

飲み物である以上お酒が開封されている訳ですから、当然ながら異物などの混入が不安視されることと思います。

買取対象となるお酒が開封済みの場合、ほとんどがボトルそのものの価値を求められます。バカラ製や著名な陶芸家によるボトルであれば、ボトルそのものの価値によって価格が左右されると言っても過言ではありません。

まとめてたくさんの買取も大丈夫?

もちろん大丈夫です!

買取業者は1本ずつ単品で買うよりも、

まとめて売ることを歓迎

しています。

また1本ずつよりもまとめた方が、買取金額を高く見積もることの方が多いのも事実です。

古いお酒の買取も大丈夫?

はい、大丈夫です!

度数が高ければ高いほど腐りにくいのがお酒です。そのため、買取対象となっているウィスキー、ブランデー、日本酒、焼酎など

ほとんどのお酒が古くなっても買取可能

となっています。

長年どこかに眠っていたお酒が出てきたら、まずは捨てずに査定してもらうのがおすすめです。ただし、腐らないと言ってもそこは飲み物、味が落ちている可能性は大いにあります。

見つけた場合は、早めに売ってしまいましょう。

査定基準はどうなっている?

査定基準はお酒の種類やもともとの販売金額、ボトルの価値などで構築されます。このことは、

高級なお酒ほどより高値で取引されやすい

ということです。保存状態がよく需要の高い人気のお酒は、高級品でなくてもしっかりと買取されるので安心して大丈夫です。

買取に際し、マイナス査定となる部分も見ていきましょう。

・ボトルが開封済み
・ラベルの汚れや剥がれ
・蒸発や漏れなどの内容量の目減り
・変色など本来の状態ではなくなっている

まずは開封済みですが、一度開封したお酒が買取可能かどうかは、はっきり言って不明です。しかし、中には減額されるだけで買取してもらえるお酒もあることは確かです。

次に、お酒の情報が詰まっている大事なものがラベルです。このラベルに記されている名称や製造年、度数などが一般的なお酒や高級品に関わらず、そのお酒の価値の証明であると言えます。

少しぐらいの汚れや剥がれでも減額の対象

となり、まったく字が読めないなどひどい状態のものは買取してもらえない場合もあるので注意が必要です。

そして、お酒は飲み物なので中身がとても大事なのは言うまでもありません。開封していなくても、栓が欠けたり劣化などによって中身が漏れていたりします。

また、保存状態に問題があるため変色するなど、お酒の品質が下がってしまうことも多々あります。内容量が減っていないか、元の色から変色はしていないかなどが査定対象となるので要注意です。

できるだけ高値で買い取ってもらうコツとは?

できるだけ高値で買取してもらいたい人へ、気をつけたいポイントをまとめていきます。

・ボトルはきれいに
・付属品は揃えておく
・いろんなお酒をまとめて売る

最初に

ボトルですが、ベタベタ、ヌルヌルは厳禁です。

このような状態のボトルを買いたいと思う人は、まずいないとしたものです。高値で買い取ってもらうためには、

ボトルをキレイな状態にすることが鉄則です。

ホコリや汚れは柔らかい乾いた布でふくなどできる限り丁寧に取り除いてください。その際ラベルを傷めないように十分注意しましょう。

次に何を売る場合でもそうですが、付属品のあるなしが買取の基本中の基本です。お酒が入っていた箱や袋、さらに保証書やセットになっていたグラスなどが揃っていれば査定のポイントが上がり、高値で買い取ってもらうことにつながります。

そしてこれも売る際の基本ですが、

他のお酒があれば一緒に査定

してもらってください。

同じ種類でなくても、何本かまとめて売ることによって業者が価格を少し上乗せして買取をする傾向があるからです。

買取してくれるお酒の種類とは?

買取してくれるお酒の主な種類は、以下の6種類です。

・日本酒
・焼酎
・ワイン
・シャンパン
・ブランデー
・ウィスキー

それぞれの度数が高いので長持ちするため買取しやすくなっています。

買取されやすいお酒とその周辺事情をチェック

では、買取してくれるお酒の種類ごとに買取の傾向や特徴、また高値が付きやすい銘柄は何かなどをそれぞれ見ていきましょう。

日本酒

いま世界的なブームも起きている日本では定番のお酒です。製法によって吟醸酒や純米酒など種類が異なっています。最近では、スパーリングタイプも数多く見かけるようになっています。

買取の傾向

日本酒の特徴は糖度が高いことです。よって一度開封すると味が落ちてしまうため買取は未開封が望まれます。冠頭というアルミ製のシールが瓶の口についているので、開封したかどうかがすぐにわかるようになっています。このシールが破れていたり、剥がれていたりすると買取価格が下がってしまうので要チェックです。

プレミアがついている人気の十四代にはシールが付いていません。

その代わりコルクのような栓がついているので内容量が減る可能性があります。当然、早いうちに買い取ってもらった方がそういったリスクが避けられるので、飲まないなら早めの査定をおすすめします。

日本酒で高価なものは箱は当然として、冊子が付いています。理想はキレイな状態で、そういった付属品も揃っての査定です。が、付属品が多少汚れていたとしても、お酒本体だけで何もないよりも付属品も一緒に見てもらう方が買取価格が上がる可能性が高いです。

高値がつきやすい銘柄は?

・十四代
・獺祭
・磯自慢
・〆張鶴
・久保田 etc

焼酎

麦や米、芋焼酎、泡盛など種類が大変豊富なお酒の1つです。種類によって好みが分かれますが、飲み口を楽しむため種類を限定しない人も多いようです。

買取の傾向

人気が高い銘柄の焼酎ほど買取価格も高くなる傾向があります。加えて、需要があるかどうかが一番のポイントで、入手困難な焼酎もたくさんあります。人気の焼酎として、芋焼酎の村尾、麦焼酎の百年の孤独、中でも高級な芋焼酎といわれる魔王や森伊蔵などは、お酒を飲めない人にも知られているくらい有名です。これらは、

買取業界でも需要が大きい

と言えます。

高値がつきやすい銘柄は?

・魔王
・森伊蔵
・村尾
・百年の孤独
・伊佐美 etc

ワイン

ワインの場合、色で言えば赤、白、ロゼなどが知られていますが、実際は一般的なスティルワイン、クレマンなどのスパークリングワイン、マデイラなどのフォーティファイドワイン、ヴェルモットなどのフレーバードワインの4つの種類に分類されます。

それぞれに大変多くの銘柄があり、生産者が違っても同じ銘柄を作っている場合もあります。ブドウの品種によって味が変わるので、料理に合わせて飲み分けている人が多いようです。

買取の傾向

製造年で出来、不出来が違ってくるのがワインの特徴です。買取してもらいたいワインの年代、その出来をあらかじめ調べておけば、売りやすくなることでしょう。ネットで調べる場合、銘柄が多すぎて正確な買取価格にたどりつかないというのがほとんどです。方法として、価値がわかるプロに査定してもらうことをおすすめしたいと思います。

高値がつきやすい銘柄は?

・ロマネコンティ
・シャトーペトリュス
・アンリ・ジャイエ
・シャトー・オーゾンヌ
・エシェゾー etc

シャンパン

シャンパンは高値で取引されるため単独で項目出ししていますが、実際はスパークリングワインの種類の1つです。ドンペリニヨン!シャンパンには詳しくなくてもドンペリなら知っているという人も多いのではないでしょうか?

買取の傾向

高額なシャンパンは箱がとてもしっかりしています。

買取してもらう場合は箱も一緒に

というのがベストな査定です。生産量が少ないシャンパンは非常に手に入れにくく、状態や製造年に関わらず高値で買取されやすい傾向にあります。有名なシャンパンは世界の多くで高値で取引されているため、査定の前にはぜひチェックすることをおすすめします。

高値がつきやすい銘柄は?

・ドンペリニヨン
・クリュッグ
・ヴーヴクリコ
・ローランペリエ
・サロン

ブランデー

果物が原料に使われているお酒がブランデーです。飲むだけでなくコレクションしている人もたくさんいます。古くて歴史のあるものが多く、バカラ製のボトルで有名なマーテルやご存知レミーマルタンのルイ13世など、

桁違いの高値で取引されている

のです。

買取の傾向

ブランデーは、同じ銘柄でもたくさんの種類があり、

低価格品から数百万円の値段

がするものまでさまざま、ビックリです。お酒全体を見渡してみても、ブランデーは非常に高額な取引がされているので、もしおうちにブランデーが眠っているようでしたら、ラベルなどで銘柄をよく確認することが肝心です。

また、高価買取対象になっていなくても数万円で買い取られることもあるので、これは対象外と自己判断して捨ててしまわないようご注意ください。

高値がつきやすい銘柄は?

・レミーマルタン
・ヘネシー
・カミュ
・マーテル
・クルボアジェ

ウイスキー

ウィスキーは、トウモロコシや麦などの穀物が原料のお酒です。海外製はもちろん、最近は日本製の人気が世界的にも認知され、その波は買取業界にもどんどん広がっています。

買取の傾向

日本製のウイスキーの人気は、ジャパニーズウイスキーと呼ばれるほどに火がつき、製造が追いつかず販売を終了したものまで出てきています。そんなウィスキーは、

希少価値も相まって高値

で買い取られています。

海外製のウィスキーで人気が高いのはヴィンテージもので、ボトルは新しいものよりも少し古いものの方に高値の傾向があります。日本国内だけではなく世界的に需要が高まっていることから、今まさに、

ウィスキーは売りやすくなっている

と言いてもいいでしょう。

高値がつきやすい銘柄は?

・山崎
・響
・マッカラン
・竹鶴
・イチローズモルト

買取方法ってどんな方法なの??

こうして買い取りしてもらう時に気になるのが、実際に買い取りしてもらう時の方法です。ご紹介している買取サイトが、どんな買取方法に対応しているのかをお話ししておきます。

1.全国出張買取査定

日本全国、それこそ北は北海道から南は九州・沖縄まで、ご自宅に居ながら出張査定をさせることができます。自宅に出張買取してもらうメリットといえば、

荷造りなどのわずらわしさがない

ということ。

たとえばブランド品や骨董品などを宅配買取してもらう場合には、発送にかかる梱包の手間や送り状の記入、高額商品の場合には輸送保険の加入など、面倒な作業や費用も付随してきます。

そんな面倒を省いたのが出張査定。もちろん無料で利用できて、万一査定後に納得できず売らなくなっても問題なし。

10人に7人の方がこの無料出張査定を利用されていて、女性の方は女性査定員を指名することができます。これで押し売りならぬ、押し買い対策もバッチリですね。

2.宅配(郵送)での査定

普段仕事で家に居ない、できれば自宅には来ないで欲しいという方には宅配による査定がおすすめ。先述の通り、発送時の面倒な梱包作業があっても宅配でやり取りしたいと思われている方に、しっかりこうしたやり方も選択できるのがありがたいですね。

もちろん出張査定同様、買取額に納得がいかなければ遠慮なく断っても問題なし。

時間帯を合わせにくい方にはおすすめのサービスですね。

3.持ち込みでの査定

たとえば、家族に内緒で買取や査定をお願いしたい場合、自宅査定がラクだとはいえ、ちょっと来られると困っちゃうってこと、ありますよね?

また、宅配で査定してもらうにしても、出したまでは良かったけど、万一納得いかずキャンセルして返送してもらった場合など、受け取り時に家族に知られたくない場合などは、こちらの持ち込み買取が便利です。

こうしてさまざまな買取方法に対応してくれているのがこの買取プレミアムなんですね。