毛皮の買取相場を知ろう

デザイン性と機能性にも優れた毛皮製品は、古くから多くの人に親しまれてきました。その独特の素材感から広く愛用され、特にバブル期には大流行した品物です。種類も豊富であり、老若男女を問わず人気アイテムの一つとされています。

ここでは、毛皮を売りたいと思っている方に、その

買取相場や査定基準の要点

をお伝えしていきます。損をしない毛皮買取のポイントをご紹介していきますので、予備知識として事前に学んでおきましょう。

買取可能な毛皮の種類

毛皮に用いられる品物には、希少性に高い素材も存在します。また、デザイン性に優れた品物や、比較的お手頃価格で手に入る毛皮まで多くの種類があります。どんな毛皮であれば買取対象となるか、また、高額査定となるのかご紹介していきましょう。

あわせて、毛皮製品で有名なブランドもご紹介しますので、買取査定の前に確認しておきましょう。

代表的な4種類の毛皮製品

下記の4点は買取対象となり人気のある毛皮製品です。

・ミンク
・セーブル
・チンチラ
・フォックス

以下に、それぞれの特徴をご紹介していきます。

ミンク

毛皮の中でも高い知名度を誇るミンクですが、コートなどの防寒具によく用いられる素材です。イタチ科の短い毛を用いたミンクは、保湿性にも優れています。デザインやカラーも豊富なのが特徴ですが、種類によっては人気にも差があり買取価格にも影響を与えています。

ミンクの中でも下記の2点のブランドは有名です。

・サガミンク
・シェアードミンク

サガミンクは品質も良く人気の高いブランドの一つです。シェアードミンクの特徴は毛を短く刈り込んであり、肌触りが良く高額買取の対象となりやすいです。

セーブル

「毛皮の王様」と呼ばれ、高い品質を誇り高額で取引されています。ミンクと同じくイタチ科であり、肌触りが良く人気があります。特に、ロシアンセーブルという品種は、買取価格が高額となることも多い品物です。美しい光沢と、肌触りの良さ、漂う高級感が人気の秘訣と言えるでしょう。

チンチラ

チンチラはネズミの一種であり、絶滅が危惧されている品種です。そのため、野生ではなく養殖のチンチラが毛皮に用いられ流通しています。耐久性に乏しく、傷みやすいため丁寧なメンテナンスが必要ですが、柔らかい毛が密になっておりその手触りは高い評価を得ています。愛好家が存在する程の人気を博する品物です。

フォックス

キツネの毛皮で、ミンクと並び広く普及しています。一般的な品種であるレッドフォックスやブルーフォックスが養殖が多いのに対し、シルバーフォックスという品種は野生の毛皮を用いています。そのためシルバーフォックスの希少性は高く、高額な価格で取引されている品物です。

毛皮で有名なブランド

主に毛皮製品はコートや小物などに採用されますが、毛皮に力を入れている有名なブランドを2つ程ご紹介します。毛皮のブランドがわからない方は、タグを見ればブランド名が記載されていますので確認しておきましょう。

サガ

ミンクやフォックスが代表的な商品のブランドです。サガの製品は厳しい審査基準があり、流通する品物は高い品質を誇ります。

使用されている毛皮については、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドで生産されるミンクが主です。ブランドに高い信用があるため、

買取査定も高額となりやすい

でしょう。

エンバ

商品はエンバミンクとも呼ばれ、優れたデザイン性や

日本製のブランドであることから高い人気

を誇ります。ミンク以外の毛皮も扱っており、フォックス製やチンチラ製の品物も供給されています。ミンク製でなくてもブランドの可能性がありますので、事前にタグを確認しておきましょう。

買取価格の重要なポイント

毛皮の買取査定でポイントとなるのは以下の3点が挙げられます。

・商品のサイズ
・毛皮の種類
・デザイン

素材とする毛皮の希少性によっては高額査定となることがあります。また、サイズが大きいほど毛皮の量が多いので高額査定となりやすいでしょう。

コートを例に挙げてサイズを分類すると、

・ロング
・ハーフ
・ショート

があります。他にも小物製品に用いられることも多いですが、品物に

使われている毛皮の量が買取価格を左右する

と捉えていいでしょう。

また、デザイン性が優れていることも高額査定の判断材料となります。人気があるデザインやブランドであれば、多少古い品物でも付加価値が上乗せされます。

逆に需要がないデザインやノーブランドであれば、素材である毛皮そのものの価値でだけで査定されることもあります。

買取で人気のミンク製コートについて

高品質のミンクのコートは人気があり、買取査定においても優遇されます。

ミンクのコートは新品価格が高額であることが多く、中古品であっても需要が高いため買い手がつきやすい特徴があります。所有しているミンクコートが不要であれば、状態が良いうちに買取を依頼することも検討していきましょう。

そこで、ミンク製の品物について買取相場と査定のポイントについてご紹介していきます。

ミンクコートの買取相場

一口にミンクコートと言っても様々な種類があります。事前に所有しているミンクコートの相場価格を把握しておき、損のない買取価格か確認できるようにしておきましょう。

まず、ミンク自体が素材としての価値が高く、ブランド品でなくても高額査定となりやすいです。また、使用されている毛皮の量によっても査定価格が左右されます。査定金額が想定より安い場合は、様々な理由が考えられますがその理由を確認することが大切です。

以下に人気の3つのブランドをご紹介していきます。高額買取の対象にもなりますので、事前に確認しておきましょう。

サガミンク

高い知名度がある人気のブランドです。高品質であることが特徴であり、

サガミンクのコートは高額査定

となりやすいでしょう。サイズによっては値は前後しますが、ロングコートであれば、4、5万円を超える価格となることもあります。

もちろん、

サガミンクの中にもグレードがあります

ので一概には言えません。ただ、標準仕様のミンク製ハーフコートでも、1万円以上の価格が期待できます。

エンバミンク

ブランドとしての付加価値があり、ノーブランドのミンクコートより高額査定となりやすいでしょう。タグでエンバミンクであることを確認できれば、査定アップの判断材料となります。おおよそ、ハーフコートで1万円以上となり、状態が良ければ3万円以上の価格となることもあります。

シェアードミンク

素材を生かした触り心地のシュアードミンク製のコートは、落ち着いたデザインで高級感があります。派手なデザインではありませんが、若者世代にも人気があるブランドです。ショートサイズのコートであっても、数万円の価値はあるでしょう。

高価買取になるためのポイント

高価買取なるためには以下のポイントも大切です。

・定期的にメンテナンスが施されていること。

・品物の他に、保証書やタグがあること。

上記の点を押さえられていれば、高額査定となりやすいでしょう。ただ、保証書がない場合や、傷・汚れがある場合でも、毛皮そのものに価値がありますので買取査定の対象となります。上記のポイントを満たしていない場合でも、あきらめないで査定を依頼することをおすすめします。

買取方法ってどんな方法なの??

実際に買い取りしてもらう時に気になるのが、買い取りの方法ですよね。ここで紹介している買取サイトが、どんな買取方法に対応しているのかをお話ししておきます。

1.全国出張買取査定

日本全国、それこそ北は北海道から南は九州・沖縄まで、ご自宅に居ながら出張査定をさせることができます。自宅に出張買取してもらうメリットといえば、

荷造りなどのわずらわしさがない

ということ。

たとえばブランド品や骨董品などを宅配買取してもらう場合には、発送にかかる梱包の手間や送り状の記入、高額商品の場合には輸送保険の加入など、面倒な作業や費用も付随してきます。

そんな面倒を省いたのが出張査定。もちろん無料で利用できて、万一査定後に納得できず売らなくなっても問題なし。

10人に7人の方がこの無料出張査定を利用されていて、女性の方は女性査定員を指名することができます。これで押し売りならぬ、押し買い対策もバッチリですね。

2.宅配(郵送)での査定

普段仕事で家に居ない、できれば自宅には来ないで欲しいという方には宅配による査定がおすすめ。先述の通り、発送時の面倒な梱包作業があっても宅配でやり取りしたいと思われている方に、しっかりこうしたやり方も選択できるのがありがたいですね。

もちろん出張査定同様、買取額に納得がいかなければ遠慮なく断っても問題なし。

時間帯を合わせにくい方にはおすすめのサービスですね。

3.持ち込みでの査定

たとえば、家族に内緒で買取や査定をお願いしたい場合、自宅査定がラクだとはいえ、ちょっと来られると困っちゃうってこと、ありますよね?

また、宅配で査定してもらうにしても、出したまでは良かったけど、万一納得いかずキャンセルして返送してもらった場合など、受け取り時に家族に知られたくない場合などは、こちらの持ち込み買取が便利です。

こうしてさまざまな買取方法に対応してくれているのがこの買取プレミアムなんですね。