着ない服がたくさんある、サイズが変わって着られなくなった、などの理由で服を手放したいと考えていませんか?いらなくなった服は捨ててしまおうという人もいますが、それはなんだかもったいない気もします。

そこで、不要な服をどう処分するか、売る場合は買取してもらうためのコツがあるのか、買取傾向はどうなっているのかということについてまとめてみました。また、服だけではなくスーツや靴の買取についても書いていますので売却時の参考にしてみてください。

服を売る方法には何がある?

結論から言いますと、服を処分する方法には以下の5つが考えられます。

1・買取業者に買取してもらう

2・オークションやフリマアプリなどで売る

3・フリーマーケットなどを利用する

4・身近な人に譲る

5・寄付する

つまり、売る以外の方法だと譲るか寄付するかの2つあるということです。譲る場合は、親戚や友人を含めた周囲の人に「着なくなった服があるけど、もしよかったらもらってくれない?」と声をかけるといいでしょう。

寄付したい場合は古着を受け入れている団体を選び、そこに寄付したいと申し出れば簡単に服を送ることができます。ワクチンなどに変わって海外の人たちを助けることができたり、服を必要とする人たちに着てもらえたりするのです。

それでは次に、服の買取について見ていきましょう。

衣類を買取してもらおう

服を処分したい場合、まず買い取ってもらうことを想像するという人が多いでしょう。なぜなら現在買取業者やリサイクルショップが数えきれないほどあり、売るところはいくらでもあるからです。買い手が多い分スムーズに手放せますし、少しでもお金になればラッキーと考える人が多いのではないでしょうか?

衣類はフリマサイトなどでも売ることができますが、

新品未使用やそれに近い状態でない限り

はなかなか売れません。しかし、買取業者やリサイクルショップでは実際に手に取って見ることができたり、信用できるお店だからと安心したりして購入してくれる人がたくさんいます。

つまり個人で売るよりも、買取業者などに買い取ってもらった方が

売れる可能性が高いということです。

不要な衣類はぜひ買取してもらいましょう。

古着の買取でもお金になる?

古着でももちろんお金になります。しかし、すべての服に値がつくとは限りません。特に大人の服はブランド品でも3年以内に購入したものならそこそこの金額がつけられますが、

あまりに古いものだと需要がなく値がつかない

こともあるのです。ノーブランドなら尚更で、多少のほつれや汚れでも数十円の買取価格となることも少なくありません。

反対に子供服はとても需要があり

外遊び用、保育園用など汚れても構わない服を古着で買いそろえる人がとても多くなっています。そのため、多少の汚れや毛玉などがあっても売れるのです。

また、重量で服を買い取るお店もあるので、古着を一気にたくさん売りたい人はそのようなお店を選んで買取査定してもらうとよりお金に換えやすいでしょう。

洋服の買取相場はどうなっている?

気になるのは実際に売ったらいくらくらいになるのかということでしょう。洋服の買取全体で見ると、

古着の買取価格は定価の2割~3割

となっています。ただし、店舗での買取はもっと安い値がつけられ、およそ1割となることが多いです。

ネット上で依頼、査定、買取が完了する非店舗型の場合は店舗を持たない分経費削減が可能なため、店舗型よりも高値で売ることができるのです。

また、ノーブランドの物は安い金額にしかならないのが一般的ですが、ノーブランドの買取をしてくれる業者なら多少は上乗せしてくれる可能性はあるでしょう。

より高値で売るコツは?

少しでも高値で買い取ってほしいと考えるなら、以下のことに注意してみてください。

・洗濯、アイロンがけをしてから査定してもらう

・飛び出た糸や毛玉は取り除いておく

・服ごとに売る時期を考える

・付属品があれば一緒にしておく

古着はしまっておいた臭いはもちろん、各家庭の臭いがついてしまっているものです。そのような

臭いはできるだけ取っておいた方が評価が高く

なります。

アイロンがけができる素材であればアイロンをかけ、シワを伸ばしておくのもおすすめです。

また、ほつれたりして飛び出した余分な糸や毛玉は取り除いておきましょう。ほつれや毛玉が少ない方が見栄えよくなり買取価格がアップする傾向があります。

洋服に付属していたアクセサリーやフードなどがあれば一緒に査定してもらうことは鉄則と言えます。付属品が欠けた状態で査定に出し、ただでさえ買取価格が低い洋服の価値をさらに下げることは避けたいところです。

一番忘れられやすく重要なポイントは売る時期。

例えば夏物は5月、6月頃、冬物は10月、11月頃といった具合にシーズンを迎える少し前の時期に売るのがベストです。実際に中古買取を行っている店舗では、最高値で買い取ってもらえる時期が記載されたポスターを貼っていることがあります。

服の買取で人気なブランドとは

買取対象のブランドはその店舗によって違いますが、代表的なブランドがいくつもあります。その中でも人気があるのは、

・モンクレール

・バーバリー

です。そこで、今回はモンクレールとバーバリーの買取傾向をまとめました。どのようなものが売れるのかチェックしてみましょう。

モンクレールの買取傾向

女性から人気があるモンクレールですが、買取市場ではメンズも高値がつきやすくなっています。並行輸入品も需要がありますが、特にモンクレールジャパンのタグがついているものは高価買取対象です。

アイテムで例を挙げると、ミドル丈やロング丈の

ダウンコート、ダウンジャケット

買取市場ではかなり人気が高くなっています。

メンズではダウンベストやダウンジャケットが高価買取されているのでチェックしてみてください。

もしモンクレールのジャケットやコート、ベスト等を

売却する際は秋に査定してもらうとより高値

がつくでしょう。売値が高い分、査定前にクリーニングに出しても損をしにくいというメリットもあるため、丁寧にキレイにしてからの査定をおすすめします。

バーバリーの買取傾向

有名なブランドの1つであるバーバリーは、一度買えば10年は着られると言われています。

長く着用できるものは買取市場でも需要があり、

人気が衰えません。

中でも

トレンチコートはとても人気で、高額でも丈夫だからいつまでも着ることができると評判のアイテムです。アウター以外でも、レディースではワンピースも高価買取対象となっています。シックなデザインのものからバーバリーチェックなどの華やかなデザインのものまで幅広く揃っているのですが、できれば新しいデザインが好ましいです。

古すぎるデザインのものだと買取率が低下

する傾向があるので、売りたいアイテムが何年前に販売されたものなのか確認してから査定してもらうといいでしょう。

スーツの買取はできる?

古いスーツでもノーブランドのスーツでも買取してもらえます。サイズが変わってしまった、買い替えする予定がある、ということがあれば簡単に手放せるのです。

・スーツは作りがしっかりしている

・丈夫な生地を使用している

・需要がある

このようなことがスーツが売れる理由です。

買取で知っておきたいコツがある

できれば

スーツを専門的に買い取っている業者

に査定を依頼するのがおすすめです。特にブランドのスーツや高級なスーツを持っている場合は、スーツに関する専門的な知識や買取の実績を持つ人に査定してもらった方が高値がつきます。

そして衣服全般を買い取ってくれる業者では、多少の破れやほつれ、

傷があるスーツでも買い取ってくれる

というメリットがあります。ノーブランドでも査定してもらえるので、気軽に査定可能なのも嬉しいポイントです。

このことから、ブランドのスーツなど質がより良いものはスーツ専門の買取業者、それ以外のスーツは衣服を取り扱っている買取業者に査定を依頼することが高価買取につながると言えます。

靴ではどんなものが買取の対象になる?

何度も履いた靴なんて売れるの?と心配になる方もいるでしょう。しかし使用した靴も売ることができます。靴専門の買取業者もあります。

売る方法にはいろいろあり、今ではフリマサイトやオークションにも履きつぶしたような靴が売られているのをよく目にするようになりました。たとえどんなにボロボロでも売ろうとするのは個人の勝手ですから、誰も買わないだろうという靴を出品しても別に問題はないのです。

しかし、

確実にお金に換えるなら買取業者に買い取って

もらうのが一番です。そこで、どんな靴なら買取対象となるのかまとめてみました。

革靴

人気があるのはリーガル、

  • ビジネスシューズ
  • ローファー
  • レザーブーツ

などのしっかりとした作りの靴です。中古であっても手入れさえすればまだ履けるので需要があると考えられます。

ブーツ

ブーツは重厚感がありしっかりしたものほど長持ちしやすいです。人気があるのは、

  • ドクターマーチン
  • ダナー
  • ティンバーランド

などで、どれもカジュアルな格好にも似合うブランドとなっています。愛用者が履いているものは使用感があっても手入れが十分に行き届いていることが多く、メンテナンスされているという安心感から中古での購入者も確保できると考えられます。

スニーカー

スポーツをする人にも、普段たくさん歩く人にも、ヒールがない方がいいという人にも安定の人気を誇るのがスニーカーです。ブランドでは

  • ニューバランス
  • アディダス
  • ナイキ
  • コンバース

などが特に人気が高くなっています。

普段使いの靴

ノーブランドの靴はあまり価値がありません。もともとの販売価格が低く、ブランドの物よりも質が劣る上に使用済みとなれば仕方がないでしょう。しかし、キレイに使っていて汚れが目立たないなど、使用感がそれほどないものに関しては定価の1割、2割程度の値がつきます。

カジュアルブランドやファッションブランドの安価な靴も値がつくかどうかという微妙なラインにあります。美品などで売れそうと判断するのであればフリマやオークションで売った方がお金になる可能性があるでしょう。

より高値で売るコツは?

ブランドの靴であれば、

・タグや箱など購入時についている付属品を揃える

というポイントを押さえておく必要があります。なくてももちろん売れますが、高級であればあるほど付属品の価値が高くなっているので数千円の差がでることもあるので注意が必要です。

靴全般に言えることは、

  • 落とせる汚れは落としておく
  • 消臭スプレーなどを活用して臭いはできるだけ0に近づける

この2点がとても大切だということです。

履いたままの靴を見ても価値があるようには思えないので、できるだけ美品と呼ばれる状態に近づける必要があります。

減額されたり買取NGになったりするのはどんな靴?

買取価格が減額になったり、買取不可と言われたりするのは以下のような靴です。

・靴の底がすり減っている

・レザーなどに傷がある

・取れない汚れが目立つ

・カビが生えている

・臭いが強い

靴の買取では見た目はもちろん、履くために必要な要素が揃っているかも査定の対象となります。カビが生えていたり、靴の底がすり減っていたりすると履くことができません。また、臭いが強いと履きたいという人はまずいないでしょう。そのため、買取不可と言われてしまうことになるのです。

買取不可のものでもリサイクルできる

買取業者やリサイクルショップに査定してもらったら全然お金にならなかった、または買取不可と言われた、という場合はリサイクルしてしまいましょう。リサイクルというのはこの場合、お金に換えるのではなく誰かに役立ててもらうという意味です。

寄付やリメイクに古着を利用してもらうのもいいでしょう。貧困な国の人々に贈ることも可能な時代ですので、売れないけど捨てるのはもったいないと感じた方はリサイクルも検討してみてください。

買取方法ってどんな方法なの??

実際に買い取りしてもらう時に気になるのが、買い取りの方法ですよね。ここで紹介している買取サイトが、どんな買取方法に対応しているのかをお話ししておきます。

1.全国出張買取査定

日本全国、それこそ北は北海道から南は九州・沖縄まで、ご自宅に居ながら出張査定をさせることができます。自宅に出張買取してもらうメリットといえば、

荷造りなどのわずらわしさがない

ということ。

たとえばブランド品や骨董品などを宅配買取してもらう場合には、発送にかかる梱包の手間や送り状の記入、高額商品の場合には輸送保険の加入など、面倒な作業や費用も付随してきます。

そんな面倒を省いたのが出張査定。もちろん無料で利用できて、万一査定後に納得できず売らなくなっても問題なし。

10人に7人の方がこの無料出張査定を利用されていて、女性の方は女性査定員を指名することができます。これで押し売りならぬ、押し買い対策もバッチリですね。

2.宅配(郵送)での査定

普段仕事で家に居ない、できれば自宅には来ないで欲しいという方には宅配による査定がおすすめ。先述の通り、発送時の面倒な梱包作業があっても宅配でやり取りしたいと思われている方に、しっかりこうしたやり方も選択できるのがありがたいですね。

もちろん出張査定同様、買取額に納得がいかなければ遠慮なく断っても問題なし。

時間帯を合わせにくい方にはおすすめのサービスですね。

3.持ち込みでの査定

たとえば、家族に内緒で買取や査定をお願いしたい場合、自宅査定がラクだとはいえ、ちょっと来られると困っちゃうってこと、ありますよね?

また、宅配で査定してもらうにしても、出したまでは良かったけど、万一納得いかずキャンセルして返送してもらった場合など、受け取り時に家族に知られたくない場合などは、こちらの持ち込み買取が便利です。

こうしてさまざまな買取方法に対応してくれているのがこの買取プレミアムなんですね。