ダイヤモンドを売りたい!査定する前に基本を知ろう

美しく、希少で永遠の輝きと呼ばれるダイヤモンド。小さいものから大きな粒までさまざまなサイズがありますが、ダイヤモンドの査定では大きさだけでなくいろんな要素がその価格を左右します。

ダイヤモンドを売る時は、買取相場や査定ポイントは何かなど、基本的な知識を身につけておいた方が有利に進めることができます。例えばダイヤを売った人が、後で相場の半分以下だったと知ったなんてことも珍しくありません。何故なら相場がわからず、

言われるままに売ってしまったから

なのです。損をしないために重要なことは、あらかじめ情報を集めるということがお分かりいただけると思います。

ダイヤモンドの査定ポイントとは?

ダイヤモンドには定価というものがないため、査定で丁寧に見てもらうことはもちろん、どのポイントを重要視するかがとても大切です。4Cをメインに査定するわけですが、ここでは、4Cとは何かを見ていきながら、より高値で買い取ってもらうためのポイントをまとめていきます。

4Cは基本中の基本

4CのCは、以下の4点の頭文字からとっています。

・CARAT(カラット)…重さ
・CLARITY(クラリティ)…透明度
・COLOR(カラー)…色
・CUT(カット)…仕上げ、プロポーション

ダイヤモンドの品質を評価する際に使われる基準のことで、どの国でも専門家が4Cの特徴を比較し、厳密に価値を定める基準として使われています。加えて、ダイヤモンドにはそれぞれ特有の個性があります。4Cのポイントが同じダイヤモンドがあったとしても、同じ金額を提示されることはないと言われています。それはダイヤモンドそのものの個性によって評価が分かれるからです。それらを踏まえて、基本的な知識を身につけていただければ幸いです。

カラット(重量)

〇〇カラットは「〇〇ct」と表示され、大きさではなく重さを表す単位です。1ctは0.2gで1gは5ctとなり、千分の1カラットまで正確に表示します。従って、正しくは1ct=0.200g(直径≒6mm)となります。また、原石の大部分は1ct未満で

大粒になればなるほど希少

ということになります。

数個のダイヤモンドを施した指輪のように、いくつかのダイヤを使った宝石を売る場合、使われているすべてのカラットを合計して〇〇ctだからいくらと金額を出すのではありません。使われている1つずつを算定し最後に合算して価値を決定します。例えば、0.5ctのダイヤモンドが4つあっても、2ctのダイヤモンド1つと同じ価値にはならないということです。

大きい粒ほど重く希少価値があがり、値段が高いと覚えておきましょう。

クラリティ(透明度)

クラリティは透明度を表す基準で、傷や欠け以外に内包物の大きさや場所、性質などで鑑定、評価します。当然、内包物が多いほど透明度は下がり、少ないほど透明度が上がるため輝きが増していきます。クラリティには以下の11段階のグレードがあり、査定金額に直結しているのです。

・FL…10倍の拡大で無傷
・IF…10倍の拡大で微小な表面の欠点
・VVS1~2…10倍の拡大で発見困難な欠点
・VS1~2…10倍の拡大で発見が多少困難な欠点
・SI1~2…10倍の拡大で発見が容易だが肉眼では困難
・I1~3…肉眼で容易に発見

カラー(色)

ダイヤモンドは無色透明と思われがちですが、実はそうではありません。逆に、色がかすかについているものの方がほとんどと言ってもいいでしょう。色は無色透明~無色~わずかな黄色~薄い黄色~黄色と黄色に近づくほど希少性が下がります。従って、

無色透明なほど高く評価される

のですが、中にはイエローダイヤのように、一定の黄色味を超えるとファンシーカラーの評価を得ることができ、高価買取の対象となるものもあります。ファンシーカラーは、黄色以外にも赤や青、緑やピンクがあります。

カット(仕上げ)

ダイヤモンドは原石でその形が決まるのではなく、カットという加工が施されて価値が変わっていきます。カットの角度やプロポーションによって輝き方が変わるのです。カラットやクラリティ、カラーはダイヤモンドが生まれつき持っているものですが、カットという職人の技によってダイヤモンドそのものの良さが引き出され、輝きを増していくのです。カットのグレードは、以下の通りです。

・Excellent 光学的に理想とされる最上級品
・VeryGood 理想的
・Good 良好
・Fair やや劣る
・Poor 劣る

最上級品には、3EX(トリプルエクセレント)のグレードがあり、カットの総合評価、研磨状態、対象性のすべてにおいてExcellent評価を受けたダイヤモンドのことを言います。

ダイヤモンドのカットは、種類の総数を数えることができないほど大変多く存在します。原石の形はさまざまで、できるだけ大きさを維持しながら、いかに効率よくカットするかを考慮してカット方法が選択されます。ここでは、代表的なカットの種類を7つ紹介するだけにとどめます。

・ラウンドブリリアントカット
・オーバルブリリアントカット
・マーキースブリリアントカット
・プリンセスカット
・エメラルドカット
・ペアシェイプリリアントカット
・ハートシェイプリリアントカット

因みにブリリアントとは「輝く」という意味で、ラウンドブリリアントカットは58面体の輝きを放ち、結婚指輪や婚約指輪などで断トツの一番人気になっています。

ダイヤモンドの買取相場は?

買取相場は取引金額が必ずしも確実ではないため、あくまでも目安程度と考えておいた方がよろしいでしょう。なぜなら0.3ctのダイヤモンドの相場が5万円前後だったとしても、付属品や装飾品、デザインなどで価格が変動するからです。

結婚指輪などの場合は、まず4Cでダイヤモンドそのものの相場を調べ、それを踏まえて付属品や装飾品などの目安をつけて想定しておくと損することはないと思います。

鑑定書は必要?鑑定した方がいい?

鑑定書はグレーディングレポートのことで、4Cについて複数の鑑定士の評価結果が表記されているもので正式な鑑定機関から発行されています。そのダイヤの価値が証明されることにより箔がつき、査定を有利に導きます。

ダイヤモンドに鑑定書がついているかどうかはとても重要なポイントです。ない場合は査定前に鑑定してもらうのも、一つの手段として有効でしょう。

鑑定機関は主に4か所

日本に影響する公的な鑑定機関は主なところで4か所あります。それ以外で鑑定する場合は自社鑑定となり、購入したブランドなどで行います。ここでは公的な鑑定機関をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

・GIA(米国宝石学会)
・HRD(ダイヤモンドハイカウンシル)
・CGL(中央宝石研究所)
・AGT(AGTジェムラボラトリー)

代表的な4つの鑑定機関について、以下にそれぞれ簡単にまとめていきます。

GIA

GIAは非営利団体で宝石学の教育や研究をはじめ、ダイヤモンドの鑑定、鑑別においても世界で最も権威のある存在と言わています。国際基準となっている4Cを定めたのもGIAで、日本の鑑定基準にも多大な影響を及ぼしています。

HRD

ヨーロッパではGIAよりも権威があると言われる鑑定、教育機関でベルギーのダイヤモンドを総括する団体です。こちらも非営利団体でダイヤモンドの品質分析、信頼性には定評がります。 鑑定はGID方式ではなくIDC規則を採用しています。

CGL

ダイヤモンドの鑑定では国内最大シェアを誇る日本の鑑定機関です。創業は1970年で、日本宝石業界の中心と言っても過言ではないでしょう。今では、GIAやHRDに並ぶとまで称せられ信頼を獲得しています。

AGT

日本宝石鑑別協会から1978年に分離した会社で、Japanラボ部門として1984年にGIAと提携しています。厳正な評価をする鑑定機関として市場や買取業者からも高い信頼を得ています。

鑑定書と鑑別書とは?

鑑定は、ダイヤモンドを4Cによってグレード付けすることで、その結果を記載したものをダイヤモンド・グレーディング・レポート、すなわち鑑定書になります。鑑別は、科学検査を通じてその種類や生成を調べることで、対象は宝石から道端で拾った石まで鉱物であればほとんどが可能です。その結果を記載したものが鑑別書で、もちろんダイヤモンドも発行することができます。しかし、鑑定書はダイヤモンドだけに限られており、他の宝石は鑑別書の発行はできても鑑定書発行はできません。

このように鑑定書は、ダイヤモンドの価値を証明する厳格なものなので、あれば売却時に有利に働くと思っていただいて間違いありません。

ダイヤの指輪を売りたい

指輪にダイヤモンドが施されている、これは結婚指輪に限らずいつの時代でも大変人気があります。大粒のダイヤでなくても、メレダイヤがたくさんちりばめられているデザインの指輪でもとても素敵です。

では、ダイヤの指輪を売却する時に知っておくこととは何でしょうか?

指輪はダイヤの価値だけじゃない

指輪は宝石です。ダイヤモンドが施された指輪は、ダイヤそのものの価値だけではなく、リングの素材やデザインなど全体の価値で総合判断されます。価値判断は、

・ダイヤモンドそのものの価値
・指輪に使われている素材の価値
・ブランドやデザインなど製品としての価値

このようなポイントで指輪の価値を査定します。長年の使用でダイヤモンドに傷がついたり、多少壊れていても

価値がゼロということはほとんどない

のです。極端に言えば、石が取れてなくなってしまった台だけの指輪でも買い取ってもらえることがあるのです。

すごく小さなダイヤでも価値はある?

ダイヤモンドは、0.005ctから認識されます。重さは0.001g、直径は1.00㎜程度です。一般的に0.1ct以下のダイヤモンドをメレダイヤと呼び、主役を引き立てる脇役として周囲に施されることが多いようです。小さいメレダイヤは鑑定書が発行されない場合もあります。発行されないからといっても価値があることには間違いないので、特殊なスコープを持ったメレダイヤでも買取対象としているところに査定してもらうとよいでしょう。

買取方法ってどんな方法なの??

実際に買い取りしてもらう時に気になるのが、買い取りの方法ですよね。ここで紹介している買取サイトが、どんな買取方法に対応しているのかをお話ししておきます。

1.全国出張買取査定

日本全国、それこそ北は北海道から南は九州・沖縄まで、ご自宅に居ながら出張査定をさせることができます。自宅に出張買取してもらうメリットといえば、

荷造りなどのわずらわしさがない

ということ。

たとえばブランド品や骨董品などを宅配買取してもらう場合には、発送にかかる梱包の手間や送り状の記入、高額商品の場合には輸送保険の加入など、面倒な作業や費用も付随してきます。

そんな面倒を省いたのが出張査定。もちろん無料で利用できて、万一査定後に納得できず売らなくなっても問題なし。

10人に7人の方がこの無料出張査定を利用されていて、女性の方は女性査定員を指名することができます。これで押し売りならぬ、押し買い対策もバッチリですね。

2.宅配(郵送)での査定

普段仕事で家に居ない、できれば自宅には来ないで欲しいという方には宅配による査定がおすすめ。先述の通り、発送時の面倒な梱包作業があっても宅配でやり取りしたいと思われている方に、しっかりこうしたやり方も選択できるのがありがたいですね。

もちろん出張査定同様、買取額に納得がいかなければ遠慮なく断っても問題なし。

時間帯を合わせにくい方にはおすすめのサービスですね。

3.持ち込みでの査定

たとえば、家族に内緒で買取や査定をお願いしたい場合、自宅査定がラクだとはいえ、ちょっと来られると困っちゃうってこと、ありますよね?

また、宅配で査定してもらうにしても、出したまでは良かったけど、万一納得いかずキャンセルして返送してもらった場合など、受け取り時に家族に知られたくない場合などは、こちらの持ち込み買取が便利です。

こうしてさまざまな買取方法に対応してくれているのがこの買取プレミアムなんですね。